2015年04月23日

日本橋三越「室町酒場」

11156345_1432566413720219_109941396666203434_n.jpg

こんな大人な酒場が期間限定で出現するそうな。

5月6日〜12日は、日本橋三越「室町酒場」へ。
特に5月10日は「若波」藩主・今村嘉一郎、お江戸へ参ります。

+++++

日本橋三越に期間限定の立ち飲みIZAKAYA
「室町酒場」がオープン!

■日程
5月6日(水)〜5月12日(火)
開店/10:00
閉店/19:00
■場所
日本橋三越本館地下1階フードコレクション特設会場
■チケット
1501円(※日本酒チケット5枚組)
■問い合わせ
富士虎 info@fujitora.net

+++++

【蔵元来場スケジュール】

○5月6日(水)
天明:鈴木孝市
弥右衛門:佐藤哲野

○5月7日(木)
一白水成:渡邉康衛
天明:鈴木孝市
弥右衛門:佐藤哲野

○5月8日(金)
三井の寿:井上宰継
廣戸川:松崎祐行
一歩己:矢内賢征

○5月9日(土)
新政:佐藤祐輔
廣戸川:松崎祐行
一歩己:矢内賢征

○5月10日(日)
若波:今村嘉一郎
廣戸川:松崎祐行
山の井:渡部景大

○5月11日(月)
田中六五:田中克典
山の井:渡部景大

○5月12日(火)
田中六五:田中克典
山の井:渡部景大

※蔵元の事情により急遽変更やキャンセルが生じる場合もございます。予めご了承くださいませ。


posted by 若波酒造 at 14:39| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

Qdamon〜あまおう〜

Untitled2.jpg

蔵のあちらでは、まだまだお酒が育っておりますが、
蔵のこちらでは、今年も「あまおう」の仕込みが始まりました。

今までのカクテルベースのあまおう(アルコール14%)に加え、そのままストレートで楽しめるアルコール5%の「Qdamon〜あまおう〜」できました♪

ーーーーーーーー

注)Qdamonと書いて「くだもん」と読みます

注)Qdamonとは、九州各県の特産を日本酒に漬け込んだ、若波酒造のリキュールシリーズです

注)「くだもん」とは九州弁で「くだもの」の意味です

注)「くまもん」ではありません


posted by 若波酒造 at 01:14| Comment(3) | 人気商品のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

【福岡・熊本・鹿児島 3県うまいもん市】

IMG_3167.JPG

関西の皆様♪
大学時代お世話になった方々♪

お待たせしました!?
明日より期間限定、阪神梅田本店にて。
Qdamon〜あまおう〜初登場です。

福岡・熊本・鹿児島の美味しかもん
どうぞご堪能下さいませ。

【福岡・熊本・鹿児島 3県うまいもん市】
阪神梅田本店八階 催事場にて
4/8(水)〜4/14(火) 10:00ー20:00

IMG_3670.JPG

IMG_3669.JPG





posted by 若波酒造 at 23:12| Comment(2) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

第一回 筑後七国 酒 文化博

Untitled.jpg

小雨でも 屋根付きだから大丈夫。
夜8時までやってるから 大丈夫。
筑後船小屋駅 降りたら目の前だから大丈夫。

若波からは、純米・純吟・桃色にごり。
あまおうとヨーグルトンのお酒もお披露目です。

ただいま追加のお酒を搬入中!
どうぞ最後の最後まで、お楽しみ下さいませ〜。

【飲み比べコーナー】
1蔵元3〜5銘柄のお酒をご用意。
1杯100円〜300円。チケット制です。
食のコーナーでは、お酒にあうおつまみを販売。

【特別企画ステージ 演目】※演目は残りわずかとなりました
12:00〜 開演
12:30〜 芸処 椿屋 一回目ステージ
      元禄花見踊り〜さくらさくら〜
      荒城の月
      原社中による琴演奏
14:00〜 芸処 椿屋 二回目ステージ
17:00〜 雅楽演奏
18:00〜 花魁道中
〜20:00 終演

●九州芸文館
福岡県 筑後市大字津島1131


posted by 若波酒造 at 17:56| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

久留米でも咲いています。

11072525_805299579555756_7040127769531374475_o.jpg

桜を見ながら蔵人さんが言いました。
「久しぶりに空を見上げたなぁ」

満開に咲き誇る桜。
今日の雨でひらりひらり、散りゆく桜。
緑の息吹、葉桜もちらほらと。

若波の桜はそんなこんなな感じです。
皆さまの桜はいかがでしょう。

ーーーーーーーー

桃色にごり酒。久留米でも咲いています。
●古賀美酒店
久留米市天神町33−1
TEL:0942−32−4279

posted by 若波酒造 at 18:08| Comment(0) | 人気商品のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

momo iro nigori

PhotoFancie_2015_03_29_08_10_18.jpeg

●春だ! 花見だ! 桃色にごり酒
●甘くて しゅわしゅわ 桃色にごり酒

今年も淡く色づきました。
赤色酵母で自然に発色させたとよ。
醪ももちろん桃色です。

瓶の中で二回目の発酵を促しているので、
しゅわしゅわなのです。
どうぞ開栓時にはお気をつけ下さい。

ーーーーーーーー

【27年度 お取り扱い店】

●とどろき酒店
福岡市博多区三筑2−2−31
TEL:092−571−6304
●距F添本店
福岡市中央区春吉2丁目11−18
TEL:092−761−6027
●うらの酒店
行橋市行事7丁目5−12
TEL:0930-22-2673
●鰹ャ林商店
大阪市此花区春日出北1丁目3−8
TEL:06−6462−3881
●西山屋
神奈川県川崎市幸区戸出本町2−225
TEL:044-522-2902


posted by 若波酒造 at 10:30| Comment(0) | 人気商品のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

ちちんぷいぷい。

PhotoFancie2015_03_18_22_37_39.jpeg

ちちんぷいぷい。
周りの男性並に大量のお米を、
遅れを取らず運べますように。

若波には器用な蔵人さんがたくさんです。
私専用の米運びカートを作ってもらっています。
(見事な上腕二頭筋は見逃して下さい…)

ちちんぷいぷい。
いつも散乱していたスリッパを、
皆がちゃんと片付けてくれますように。

余ったパイプでスリッパ掛けも作ってもらいました。

道具を使うのは手抜きではなく、工夫です。
安全に身体を痛めることなく。
いざという時に素早く動けるように。

足りないところは道具で補う。
体は小さくとも、みんなの協力のおかげで
お酒造りができています。


posted by 若波酒造 at 22:57| Comment(0) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

使い分け。

IMG_20150314_224631.JPG

写真.JPG

今年はチーム若波、3月末まで仕込みが続きます。

若波の酵母と言えば…
そう!まるでバナナの様な香りの酵母に、リンゴ酸が高く出る酵母、そして赤色の酵母と、個性豊かな酵母を使い分けます。

酵母はとてもデリケート。混ざってしまうとその特徴が失われてしまうことも。

だからこうして、使用する酵母によってタオルや道具類を使い分けるのです。
菌は目には見えないけれど、だから、だからこそ、使い分け。


posted by 若波酒造 at 22:57| Comment(0) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

純米大吟醸が搾れたよ。

IMG_20150303_001629.JPG

二礼・二拍手・一礼と共に。
無事に純米大吟醸が搾れましたのご報告。

酒の神さん・松尾様
「ほほう。今年もあの酵母を使ったのですね」

「そうです。流行りの派手さは出ないけれど、そっと寄り添う程よい香りの酵母で醸しています。」

ご先祖様
「相変わらず頑固じゃのぅ」

「いえいえ、若波の拘りと言って下さい。」

歴代の蔵人さん
「とにもかくにも、おめでとう」

「ありがとう。あなた方が支えてきて下さっての今なのです。」

そんな心の会話をするのです。
シンと静まり返った蔵の中。

二礼・二拍手・一礼と共に。
感謝と共に。


posted by 若波酒造 at 00:27| Comment(5) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

拝啓 家庭科の先生

IMG_20150224_202827.JPG

卒業して随分と経ちますが、お変わりございませんか?
私は、毎日毎日、お酒を造っています。

酒造りには大量の布類を使用するわけで…
つまりは、大量のほつれも生じるわけで…
なみ縫い・かがり縫い・まつり縫い。
先生に習ったことが、こんなに日々 活きてくるとは。

「人生、想像もしない道が待っています
受験科目以外に力を入れなさい」
先生の言葉が身に沁みます。

学校から斡旋された裁縫道具。今も現役、蔵の必需品です。

それにしても先生。私、ずっと思っていましたが…
小学生にしては、何とも渋い絵柄ですね。

まだまだ仕込みは続きます。
どうぞご自愛下さいませ。

敬具


posted by 若波酒造 at 20:51| Comment(4) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

ホースの乱れは、心の乱れ。

IMG_20150207_202756.JPG

年明けから助けてもらっているバイトさん達!
それはそれは素晴らしき働きです(感謝)☆

日々の仕込みをしっかりこなしてくれるのはもちろんのこと、
何気ない会話の中で話した「ホースの乱れは心の乱れ」。
この言葉を聞いてからというもの、ご覧下さい!
鳴門もびっくりの美しき渦巻きです!

30分時間ができれば、自主的に容器洗いをしてくれたり、溝掃除をしてくれたり…

欠くことのできない、チーム若波の大切な一員さんです。


posted by 若波酒造 at 21:24| Comment(4) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

今、この時のために…。

PhotoFancie2015_02_04_21_38_15.jpeg

●どうやって、青海波柄を描くのでしょう?
(前記事 参照)
  手作りの型板で描くのです。
  微妙に深さの違う溝を使い分けます。

●この型板、何と呼ぶのでしょう?
  んー。何と呼ぶのかわかりません。
  若波では「ガリガリくん」と呼んでいます。

●隣の箱は何でしょう?
  麹を育成するオリジナルの箱なのです。
  何と!こちらも手作りです。

●一体誰が作るのでしょう?
  若波では使われない部屋を工作室として開放しています。
  夏場にせっせと蔵のみんなが色々なものを作ってくれます。
  
仕込みのために。今、この時のために。
たくさんの準備を重ね、挑むのです。


posted by 若波酒造 at 22:14| Comment(2) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

色んなところに青海波。

IMG_20150130_224035.JPG

やってきました!適度な冷え込み!
チーム若波ではタイミングよく純米大吟醸の仕込みが始まっています。

これは、室の中の麹。
〈さらし〉という工程で、お米をできるだけ薄く薄〜く広げて溝をつけ、表面積を広くします。お米一粒一粒の水分を適度に飛ばすのです。

通常はまっすぐな直線を描くのですが、この青海波柄にすると、見事に一時間に1%飛ばすことができます☆
どのお蔵さんも、きっと永年の経験で培われた蔵ならではの目安があるんだろうなぁ。


posted by 若波酒造 at 22:54| Comment(0) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

夜間作業。

IMG_20150106_212502.JPG

の合間に、内職中。

今年はバイトさんのお力もかりますし、いつもはラべリング担当の綾ちゃんも蔵人デビュー。

全体の見える化を図って、助け合います。

んー。大学のゼミでやってた教材作りを思い出す…



posted by 若波酒造 at 20:33| Comment(4) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする