2017年05月20日

SAKE TIME【福岡ランキング1位】

「1位おめでとうございます」
この週末、声を掛けられたり、メッセージが届いたり。

全国鑑評会にはここ数年、出品してないしなんだろう?と思っていると、どうやらこういうことらしいです。

【 https://www.saketime.jp/ranking/fukuoka/ 】

何とも有り難い。皆様の口コミ、全て目を通して参考にさせて頂きます。それが、次の仕込みに向けての準備スタートでもありますね。


posted by 若波酒造 at 09:43| Comment(0) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

dancyu3月号〈愛のある日本酒がほしい〉

dancyuに載せて頂けるこの喜びを
どう伝えたらよいのかずっと考えていました。

すると、同期生の蔵元が実に的確な表現をしてくれていました。

「この日本酒特集は日本酒業界では、
 ネイチャーやサイエンスなどに論文が載るようなもの」

17-02-06-20-16-10-051_deco.jpg

◆dancyu3月号〈愛のある日本酒がほしい〉◆

全国の酒販店から推薦された124本を銘柄を伏せた状態で2日にわたって真剣試飲。料理人が飲み比べて選んだ19本!

その中に。「若波 純米酒」選んで頂いています。

17-02-06-20-15-57-778_deco.jpg

もう一度ご覧下さい。そう!青ラベルです!

ほのかなバナナ香が特徴の白ラベル「若波 純米吟醸」。
ここ数年、そのわかりやすさで少しずつ表に出る機会を与えて頂きました。

その影で、
何となく月のような存在だった青ラベル「若波 純米」。
実はここ数年、この青ラベルの魅力を伝えたいと、実に力を注いできました。実に愛を注いできました。

本日。その愛が伝わりました。

・美しいバランス。いい酒と直感。
・まさに”味の押し波 余韻の引き波”。
・金目鯛の煮付けでも合わせたら口福の波にさらわれてしまいそう。

そんな愛ある賛辞をいただいたら、
これまでの苦労が全て吹き飛んでしまうじゃない。

0.1%単位で吸水を変えた甲斐があるじゃない。
全ての麹を分析し続けた日々が報われるじゃない。
白熱し過ぎて、口論してしまったあの矢の言葉が、
全て愛に包まれてしまうじゃない。

これは、愛ある人でなければ創り上げることのできない一冊です。
集大成とも言える渾身の一冊。
料理人さんの、酒販店さんの、編集者さんの、そして蔵元の。
溢れ出す愛が、皆様にも必ず伝わることでしょう。


posted by 若波酒造 at 21:34| Comment(11) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

家庭画報 創刊60周年記念号

17-02-02-10-57-25-028_deco.jpg

家庭画報さん。創刊60周年おめでとうございます。
そんな記念すべき号の
「EDITOR'S REPORT」LOCAL特集は福岡県。

こんなベリーベリーあまおうなページに仕上がっています♪

17-02-02-10-59-41-044_deco.jpg




posted by 若波酒造 at 11:30| Comment(0) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

僕たち、私たち。

スキャン 3.jpeg

僕。表紙になったよ♪
ちょっと照れるね。
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/book-414942/

●若波 純米吟醸・生●
ただいま、まさしく醸し中。
いよいよ4月下旬、蔵出し予定です。

ーーーーーーーー

スキャン 4.jpeg

私も。
JCB「THE GOLD」で紹介されちゃった♪

●特別純米酒・蜻蛉●
ただいま雫が一滴、一滴。
新酒「黒とんぼ」。
こちらは4月20日過ぎの蔵出し予定です。



posted by 若波酒造 at 20:20| Comment(11) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

「小さな酒蔵 33の物語」

10436309_742549792518240_240223893863261002_n.jpg

酒蔵にはひとつひとつに物語があります。
そこにある蔵の歴史や醸す人、その背景がみえてくると
さらなる味わいが増すことでしょう。

ちいさな酒蔵の 33の物語 が一冊の本になりました。
33の物語と共に珠玉の一杯を。。。

ーーーーーーーー

「ちいさな酒蔵 33の物語」
ー美しのしずくを醸す 時・人・地ー
  著 : 杜氏屋​ 中野恵利
  発行 : 株式会社 人文書院


posted by 若波酒造 at 14:36| Comment(2) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

華丸・大吉の何しようと?

今日のびっくり☆
いや。ここ一番のびっくり☆

IMG_20150501_191105.JPG

ほんとに!突然!やって来られるんですね。
作業があるので、本日も素っぴん&作業着。
あぁぁ。不覚。。。

華丸大吉さん&ナイツさん。
とてもとてもお優しい。
皆さん吸い込まれそうな優しい目をしてらっしゃる。

楽しいお話にあっという間。
突然のことに頭真っ白の時間でした。

【華丸・大吉の何しようと? 〜ナイツと初夏の大川をぶらり〜】
TNC西日本放送 5月15日(金) 19:00〜
http://8ch.tnc.co.jp





posted by 若波酒造 at 19:23| Comment(16) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

「オンナの日本酒」

DSC_1032.JPG
クリスマスが過ぎると、一気にお正月ムードですね。
SHOPのディスプレイもお正月バージョンに変えてみました。

そして、今月の一冊として紹介しているのが、ドリームシップさん発行の「オンナの日本酒〜女性のハートが選ぶお勧めの酒〜」。

お。杉本あやさんが帯でお薦めされてますね。
商品画像も女性を意識したこだわりの画質です。
「特別純米酒 蜻蛉」を掲載戴いています。ありがとうございました!
posted by 若波酒造 at 13:22| Comment(0) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

rkbラジオ【FUKAYA いきいきウーマン】

いきいきと生きる女性たちを応援します。
毎週火曜・水曜 17:00〜17:29
・コラムニスト 矢野寛治さん
・rkbアナウンサー 田中みずきさん

ーーーーーーーー

今日(11/4)・明日(11/5)は僭越ながら私が登場致します。
私の心の支えとなっている曲も流して戴きます。
今後の想いもお話させて戴きました。

帰りの移動の中で、夕食のご準備中に…
宜しければご一緒に。
http://blog.rkbr.jp/fukayaiki/


posted by 若波酒造 at 10:35| Comment(2) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

ゼロから始める「日本酒と肴」

「ゼロから始める」
このフレーズに心惹かれます。

「日本酒と肴」
ズバリ!日本酒と肴の意外な組み合わせ、
なるほどなな組み合わせをたくさんご紹介戴いております。

この本を読んでいて感じること。それは、
日本酒は型にはまらなくていいんです。
気心の知れた人と、好きな飲み方で、自由に思うままに。
必ず包み込んでくれる日本酒が見つかります。

おいしい肴としっぽり日本酒。
そんな気分の夜は、こちらの扉を開いてみて下さい。

1926708_720413041370500_1328786888914450321_n.jpg IMG_20141024_191900.JPG

●山同敦子さん監修「ゼロから始める 日本酒と肴」●





posted by 若波酒造 at 20:33| Comment(0) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

「めざせ!日本酒の達人」山同敦子さん著

◆実はいま、甘口がトレンド
◆好みの日本酒を手に入れる台詞
◆酒のメニューのここをチェックする

こんな切り口の本が今まであったでしょうか。
ついつい答えが知りたくなる。

◆日本酒にぞっこん惚れ込む人が増えています。
◆理由は明快。美味しく進化したからです。

そう。実は今、日本酒業界の世代交代ラッシュです。
全国の蔵元が最新の技術でぐんぐんその味わいの幅を広げています。「史上最高の味に出会える時代」がやってきているのです。

DSC_0392.JPG

そんな「日本酒の今」を伝えてくれる嬉しい一冊が発刊されました。

山同敦子さん著「めざせ!日本酒の達人」。
発売5日にして増版が決定したという人気ぶり♪

バイブルと言える本は数あれど、これはまさに「日本酒の今」を伝えてくれています。

日本酒がこんなにおもしろいことになってるよ。
ほら、一口くちに含んでごらん。

そんな声が聞こえてきそうな、山同さんのお人柄でしか聞き出すことのできない、その熱き想いでしか綴ることのできない「日本酒の今」が満載です。

そしてそして…
最初の章には「バナナの様な香りのお酒」として若波が登場!感激です!!最後の章「注目したい気鋭の造り手55人」にも僭越ながら登場です。

なんでも全国55名の顔写真は全て山同さんが撮影されたのだとか。蔵元の、心から山同さんを慕う笑顔が溢れています。

あ!この本片手に、酒屋さん巡りも楽しそう♪
「こんな楽しみ方にぴったりのお酒ありますか?」
「この蔵のお酒ありますか?」
そんな楽しみ方も、日本酒ならでは。

ぜひ手元に置いて戴きたいお薦めの一冊です。

ーーーーーーーー

山同敦子さん著
「めざせ!日本酒の達人」筑摩書房
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480067753/

(文中◆は山同さんのお言葉を引用してます)


posted by 若波酒造 at 20:05| Comment(5) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

日経おとなのOFF 3月号


新酒、醸しまくってます。

そんな中、【日経おとなのOFF】今月号にて、若手気鋭の造り手5酒に選んで戴きました。
チーム若波の結晶を、きらきら輝く形で選んで戴き、本当にありがとうございます。

1798630_497717673683244_761035380_n.jpg

1779712_497717030349975_1124309803_n.jpg

お隣には偶然にも酒類総合研究所時代の同期生の蔵が。
酒造りは一生勉強。多くの友に支えられながら。蔵人みんなで支えあいながら。

人柄ならぬ蔵柄を伝えるということは、その時その時の全力を注ぐということ。一作品一作品に成長を感じて戴くということ。

今年のチーム若波の新酒にもどうぞご期待下さいませ。
造りもやっと折り返し地点です。


posted by 若波酒造 at 18:28| Comment(0) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風浪宮大祭。別名 おふろうさん。

BgH41dkCcAABGqt.jpg

わっしょい!わっしょい!

今年も大川の風浪宮大祭で若波を担いで戴きました。
無病息災。皆さまにもおすそ分け。

●風浪宮大祭
http://www.ofurousan.jp/taisai2007.html


posted by 若波酒造 at 16:44| Comment(2) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

【シティ情報 Fukuoka 2月号】

img001.jpg

ちくごの酒蔵巡り。
7蔵をご紹介戴いてます。

「和醸良酒の精神で
チーム若波は造りつづける」
大川市 若波酒造

どうぞ御覧ください。

DSC_0238.JPG



posted by 若波酒造 at 17:56| Comment(2) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

週刊文春「初夏の夜を日本酒バルで」

「週刊文春 に載ってるよ!」との情報をいただきました。

週刊文春 6月13日号 「初夏の夜を日本酒バルで」
20130612_130655.jpg

ビギナーも臆せず 日本酒の意外な世界へ
【酒場 それがし】品川区西五反田1-27-7

ありがとうございます!
初夏にぴったりのお酒。まもなくご案内致します!


posted by 若波酒造 at 11:51| Comment(0) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする