2017年02月01日

長い長い物語【3日目】

うとうとうと
眠い目をこすりながら、夜中の室作業。

1170115_152511__DSF4758-proc.jpg

ピピピピ、ピピピピ
夜中の3時に目覚まし鳴らし、またまた深夜の室作業。

2170115_152738__DSF4793-proc.jpg

ざっざっざっ
ほのかな栗香と共に、
静かな室の中に、お米の音だけが響きます。
無言で、あ・うんの呼吸で作業は進んでく。

3170115_154323__DSF4955-proc.jpg

ほくほくほく
明朝、42度の最高温度に到達です。

4170115_153937__DSF4915-proc.jpg

さらさらさら
長い長い2泊3日を想いながら、
完成棚に麹を眠らせます。

6170115_153527__DSF4866-proc.jpg

すやすやすや
麹さんと一緒に眠りましょう。

7170115_154229__DSF4949-proc.jpg

長い長い、麹ができるまでの物語。
全国の蔵元が、勝負をかける物語。




posted by 若波酒造 at 16:41| Comment(0) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

長い長い物語【2日目】

ゴリゴリゴリ
翌朝、お米の固まりをほぐします。

1DSC_3068.JPG

ざくざくざく
縦から横へ。横から縦へ。
一時間おきに溝を描き変え。

2DSC_3074.JPG

ざくざくざく
まだだ、まだだよ。縦から横へ。横から縦へ。
お米の水分を目標値まで飛ばします。

3DSC_1055.JPG

ざくざくざく
あと少し。最後の一時間は青海波柄で、もうひと粘り。

4DSC_1057.JPG

お米の音を!香りを!その変化を五感で見逃すな!

5170115_152702__DSF4785-proc.jpg


さくさくさく
今だっ!! 小さな箱に小分けにしたら、

6170115_152538__DSF4768-proc.jpg


ここから長い長い夜の始まりです。

7170115_153003__DSF4819-proc.jpg



posted by 若波酒造 at 16:48| Comment(2) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

海は空に恋してる。

「海は空に恋してる」
このフレーズ。今日、はじめて知りました。

洗米に使う大量の水は、内側が白いタンクに貯水することにしています。
なぜなら、この眺めを楽しめるから。

17-01-21-10-21-41-867_deco.jpg

白と光と深さ。条件が重なり、蔵の中に”海”が現れます。
今朝もこの眺めを楽しんでいると、庄司さんが教えてくれました。
「海は空に恋してるから青いらしいよ」

澄んだ海が、清き青を創り出すのなら、
清き造りが、若波の青を造り出す。
いくつもの条件を整えることが大切なんだ。
海が空に恋するように、水に恋して、お米に恋して。

・・・なんてねー(〃∇〃)

はい。真っ白な息と共にそんな会話を繰り広げながら、
チーム若波、本日も仕込みスタートです。


posted by 若波酒造 at 17:03| Comment(0) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

閃いた☆

I have a ひげそりホルダ〜
I have a 植木くるくる〜
Oh!
長いホースも絡まない♪

I have a ひげそりホルダ〜
I have a 植木くるくる〜
Oh!
糠の水も溜まらない♪

Collage 2017-01-08 10_58_24.jpg

地味にストレスだった洗米ホースの扱い。
100均で揃えたひげそりホルダーと植木の台車。
2つを合わせると…
Oh!
地味に便利。

車輪がついたので絡まず移動も楽々。
段差ができたので流れ行く糠をホースで遮ることなく衛生的。

ホースの扱いにお悩みの方、地味にお薦めです。

ゆか太郎


posted by 若波酒造 at 09:21| Comment(4) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

目指すところは。

IMG_20161020_114218.JPG

造りもスタートしました。
新人のアルバイトさんも入りました。

若波が目指すものは何なのか。
全国のお酒の中に若波を混ぜて
利き酒勉強会です。


posted by 若波酒造 at 11:46| Comment(2) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

白い薔薇が咲く。

薔薇が美しい季節になりましたね。
よくよく見ると、若波の蔵にも毎日大量の白い薔薇が咲き誇ります。

白い…布の薔薇。

IMG_20160507_180002.JPG

仕込みで使う大量の布。
自分の身長くらいある大きな布。

いつしか洗濯機から出す時に、操りやすいよう、絡まぬよう。
こうしてくるくる丸めて籠に入れるように…

まぁ♡白い薔薇のいと美しきこと♡

・・・。
さ。現実逃避しないで、布干しましょ。

IMG_20160507_180304.JPG




posted by 若波酒造 at 11:55| Comment(9) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

がんばる、くまもん。

がんばる、くまもん。20160505214431.png
今日から熊本では"くまもん"が活動再開です。
ひとつずつ。一歩ずつ。


posted by 若波酒造 at 23:22| Comment(2) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

ガーコ隊長が仲間入り☆

私。ベビーグッズを買いました。
そう。実は私…

IMG_20160430_111604.JPG

まだ洗米やってます(笑)

今年のチーム若波はイレギュラーで5月末まで仕込みが続きます。
とある酒質強化作戦を行いまして、仕込みが2月からの遅いスタートだったためです。

こんな時期にお米を洗うのは最初で最後かも。
日に日に温かくなる洗米水。
お天道様と共に温かくなる洗米水。

水温が変われば、お米に水を吸わせる時間も秒単位で変わってきます。
しかし、秒単位の流れ作業の中、わざわざ温度計を指して数秒待つという行為は、意外とネック。

でも!このベビー用沐浴温時計があれば大丈夫。
手と時間を拘束されることなく、ぱっと一目で判断できます。

お米を10kg単位で、ばっちりの吸水率に仕上げていくことができます。うーん。これは今期のヒット商品だ☆


posted by 若波酒造 at 12:05| Comment(0) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

感謝。そして、エールを。

img1460733392053.jpg

たくさんのお電話やメールを
ありがとうございます。

写真は本日の若波酒造の仕込み風景です。
若波酒造。
人、酒、蔵、被害ございません。

当たり前であることに感謝を。
熊本にエールを送ります。




posted by 若波酒造 at 00:30| Comment(2) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

40年ぶりの大雪の日も。

IMG_20160125_140038.JPG

40年ぶりの大雪の日も。

東北出身・庄司さんの備えに助けられ、
臨時休業にも関わらず
徒歩や時速20kで出社してくれた皆に助けられ、
滞りなく予定通りの仕込みを行うことができました。

IMG_20160125_134133.JPG

雪国の人には笑われるだろうけど、
福岡では珍しい酒蔵と氷柱。

指の先まで氷りそうだけど、
心は温かい大雪の日。


posted by 若波酒造 at 14:38| Comment(9) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

ちちんぷいぷい。

PhotoFancie2015_03_18_22_37_39.jpeg

ちちんぷいぷい。
周りの男性並に大量のお米を、
遅れを取らず運べますように。

若波には器用な蔵人さんがたくさんです。
私専用の米運びカートを作ってもらっています。
(見事な上腕二頭筋は見逃して下さい…)

ちちんぷいぷい。
いつも散乱していたスリッパを、
皆がちゃんと片付けてくれますように。

余ったパイプでスリッパ掛けも作ってもらいました。

道具を使うのは手抜きではなく、工夫です。
安全に身体を痛めることなく。
いざという時に素早く動けるように。

足りないところは道具で補う。
体は小さくとも、みんなの協力のおかげで
お酒造りができています。


posted by 若波酒造 at 22:57| Comment(0) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

使い分け。

IMG_20150314_224631.JPG

写真.JPG

今年はチーム若波、3月末まで仕込みが続きます。

若波の酵母と言えば…
そう!まるでバナナの様な香りの酵母に、リンゴ酸が高く出る酵母、そして赤色の酵母と、個性豊かな酵母を使い分けます。

酵母はとてもデリケート。混ざってしまうとその特徴が失われてしまうことも。

だからこうして、使用する酵母によってタオルや道具類を使い分けるのです。
菌は目には見えないけれど、だから、だからこそ、使い分け。


posted by 若波酒造 at 22:57| Comment(0) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

純米大吟醸が搾れたよ。

IMG_20150303_001629.JPG

二礼・二拍手・一礼と共に。
無事に純米大吟醸が搾れましたのご報告。

酒の神さん・松尾様
「ほほう。今年もあの酵母を使ったのですね」

「そうです。流行りの派手さは出ないけれど、そっと寄り添う程よい香りの酵母で醸しています。」

ご先祖様
「相変わらず頑固じゃのぅ」

「いえいえ、若波の拘りと言って下さい。」

歴代の蔵人さん
「とにもかくにも、おめでとう」

「ありがとう。あなた方が支えてきて下さっての今なのです。」

そんな心の会話をするのです。
シンと静まり返った蔵の中。

二礼・二拍手・一礼と共に。
感謝と共に。


posted by 若波酒造 at 00:27| Comment(5) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする