2018年12月31日

2018年 伝え残しのないように…

ご無沙汰しております。造りに一意専心、集中しておりました。何か没頭できるものがあるというのは有り難いことですね。

引き続き、春まで造りに没頭しますが、2018年最後の日はやはり皆様に一言ご挨拶を。
今年も色んなことがありました。
たくさん見守り、励まし、そして何よりも若波をお楽しみ頂き本当にありがとうございました。

タイムリーにご報告できていませんでしたが、蔵の成果の一つとして、今年もたくさんの賞を頂きました。中でも、感慨深きベスト3を発表します。ジャジャン♪


●全米日本酒歓評会 ゴールド 「若波 純米吟醸・山田錦」●

18-12-31-19-22-32-848_deco.jpg


●福岡県酒類鑑評会 福岡県議会賞 「本醸造」●

18-12-31-19-32-53-126_deco.jpg


●福岡国税局酒類鑑評会 金賞 「赤とんぼ」●

18-12-31-19-35-25-529_deco.jpg


なぜにベスト3かと申しますと…
いずれもレギュラー商品ではないお酒たちだからです。新商品であったり、地元向けにタンク1本しか仕込んでいないお酒だったり、季節商品の数量限定のお酒だったり。

レギュラー商品も今年も安定の金賞を頂いた上で、隅から隅までずずずぃっと、これら全てのお酒に賞を頂けたことが本当に嬉しいのです。

「若波どれを呑んでもおいしかよ」
お客様がお酒をお選びいただく時の絶対的な安心感を実現すべく、2019年も気張ります!

個人的には2018年のMVPを「ラベリング班」に捧げます。

最年少ながら必死にがんばる綾ちゃん。
麹も担当しながら何事も手際の良い福ちゃん。
皆のバランスを保ち、いつも大人な対応に救われる美代子さん。
冷静沈着、体感でお酒の出荷数を把握してくれる平田さん。

18-12-31-19-24-55-976_deco.jpg

18-12-31-19-24-09-185_deco.jpg

ハプニングも起きる中、みんなの頑張りがどれだけ救いになったことか。製造班も心から感謝しております。

たった13人の小さな蔵だけど、だけど、だからこそ、やりがいを感じてくれたら嬉しいです。
2019年もチーム若波、前へ進みます!

皆様もどうぞ日本酒と共に、佳き新年をお迎え下さいませ。


posted by 若波酒造 at 19:44| Comment(0) | 蔵diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: