2018年09月17日

ここはどこのエントランスでしょう?

18-09-17-11-44-50-599_deco.jpg

我が町・大川の映画館「大川シネマホール」。
ちょっと、いえ、かなり自慢の映画館。

ものづくりの街・大川の手にかかれば映画館もこうなります。

伝統工芸「組子」。職人技の美しさよ。


posted by 若波酒造 at 11:51| Comment(2) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大川ならではの素敵な映画館ですね。
大川には、こういう意匠を凝らした建物がいっぱいあるのでしょうか?
まだ、ちゃんと大川を訪れたことがないので、いつか行かなければと思っています。
Posted by あきよし at 2018年10月08日 01:35
あきよしさん、おはようございます。

昨日・今日と、大川では「秋の木工まつり」が開催されています。
組子の装飾で街が飾られているとは決して言えませんが、バス停の標識が木製だったり、川沿いの柵が組子柄だったり。さりげないところに大川感は溢れてるかもしれません。何より街が家具屋さんだらけです!

機会ございましたら、ぜひ大川をございましたら、体感下さいませ。
Posted by 若波酒造 at 2018年10月08日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: