2017年07月13日

【九州豪雨から一週間】

蔵のみんなで県内で大きな被害にあわれた(株)篠崎さんに行ってきました。

蔵が近付くにつれ見えてきたのは、川の岸に大量に流れ着いた流木。歩道に積もる大量の土。えぐられた川岸にかろうじて残る学校の建物。古き佳き白壁通りの建物に無残に残る水位跡…

蔵に着くと「蔵の中は随分片付いたので今日は近隣のお宅の土を除去します」と篠崎さん。

なんと…まだこんなにご自身の蔵が大変な状態なのに…
近隣のお宅へ声をかけて周り、次々と来訪されるお見舞いの方々に対応し、3歩あるけば社員の皆さんから指示を仰がれる。そんな状況の中、苛立つことなく指揮をとり、自らスコップ片手に土を掘る篠崎さん。

ご自身の住まいを失いながらも、作業に臨む蔵人さん。そんな篠崎の皆さんの働きを涙ぐみながら見守る近所のおじいちゃん。

膝まで積もった土の何と重たく恐ろしいことか。何度洗っても落ちることのないしぶとい土汚れに涙が込み上げてくる。
しかし、一人一人のスコップのひとすくいがどれだけ力強いことか。この日の辛さを、恐怖を、この日の景色を、絶対に忘れない。

今回強く感じたのは「長期的」な支援の重要性です。

福岡・大分で被害にあわれましたお蔵さんへの長期的な応援を。
朝倉のフルーツを、日田の観光を、長期で見守っていただければ幸いです。
朝倉・日田の皆さんは力強く前へ進んでいます。


posted by 若波酒造 at 20:20| Comment(2) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとした贈り物が必要だったので比良松純米酒を2本購入しました。微力ですが後方支援になればと…
Posted by やまさき at 2017年07月18日 18:56
やまさきさん、コメントありがとうございます。
そして、比良松さん購入による支援、何よりの応援にございます。誠にありがとうございます。

今後とも長期に渡る朝倉と日田の応援をと、私自身も強く
思っております。
Posted by 若波酒造 at 2017年07月19日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: