2014年07月14日

和酒ばる 田村本店

2014年6月。小倉にまたまた素敵な大人なバルができました♪

おいしいお酒においしいおつまみ。
角打ち発祥の地で仕事帰りに一献、乙だね。

ビアガーデンもいいけど、
涼しくお洒落なお店で夕涼み、いかがですか?

若波FY2も呑めちゃいます。
下記の通り、お客様の立場にたった丁寧な解説と接客で、あなたにぴったりのお酒を教えて下さいますよ。

23時まで営業です♪

●和酒バル 田村本店
北九州市小倉北区魚町2丁目5−8
070-6463-0486

ーーーーーーーーーー

10455173_1433907986882772_7232696910559209391_n.jpg

〈和酒ばる 田村本店様より〉

本日入荷のお酒のご案内♪

福岡県大川市の若波酒造の、
「若波 純米吟醸 FY2」が入荷しました!

FY2って何?というのは後で説明するとして、
とにかくこのお酒は、暑いこの季節に、
良〜く冷やして、さわやかに飲みたいお酒です。

キーワードを並べてみると、
爽快、清涼、潤い、みずみずしさ、しなやか…。
夏の早朝、砂浜に寄せる波のような印象です。

さて、FY2は「福岡夢酵母No.2」の略称。
お酒は「酵母」による「発酵」で造られますが、
このFY2は、一般的な酵母と違って、
さわやかな酸味を生み出す酵母なんです。

なので、例えるならば白ワインのような、
爽やかな口当たりとサッパリとした後味が
このお酒には感じられます。

杯を重ねるほどにスイスイと飲んでしまう…。
和酒ばる的には、FY2は、
「二人で夕涼みしながら2杯」ということで(笑)


posted by 若波酒造 at 19:18| Comment(1) | お世話になっております | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日のことです。
和酒ばるにて、若波純米吟醸生を注文いたしました。
するとカウンター奥でグラスについできて、ポンと出されたので、「瓶を見せてもらってもいいですか?」と訪ねました。
女店長はディスプレイしてある若波純米吟醸の空瓶を指さし、「それと同じですよ。それが生になっただけです。」と仰いました!
バーテンダー修業時代から、酒のラベルにはロマンがあると育ってきただけに、今回の件はガッカリしました。
若波さんには申し訳ありませんが、若波さんのお酒を見るたびに、今回の嫌な思いが蘇る事でしょう。
このような態度は、作り手である酒造所さん、そしてそれ求めて来た消費者を馬鹿にしているとしか思えませんでした。
ちなみに私のほかにお客さんはカウンターに独りしかいない状態でのことでした。
最後になりますが、知識だけの思いのこもっていない小倉の和酒バルには、もう二度と行きません。

Posted by at 2015年07月12日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: