2008年08月29日

「あまおう」こだわりポイント

200804141739001.jpg
まおうの箱はあらまぁ!珍し三角の箱。
ぁるいあたまは苺のヘタになってるよ。
!っと目をひく箱解説は九州弁。
まく描けたかな!?手書きイラスト、許してね。

体にやさしい「あまおう〜苺のお酒〜」。敬老の日にもおすすめです♪
posted by 若波酒造 at 09:07| Comment(6) | あまおうdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度です!あまおうさん。 あまおうは箱入りなんですか? 先月私が購入した時は瓶のままでした。 箱入りの時はお店に言った方がいいんでしょうか? 贈り物にしたい時は箱があった方が良いですもんね。 あまおうさんの手書き?箱があった方がよかくさ。
Posted by 福岡のやひです at 2008年09月09日 22:12
なかなかのデザインとみました。これであの「ちっご展」にパッケージ付きで出したんですか?今の世の中は気持ちに余裕がないのか・・・手書きが求められてるじゃないのかな?一度ご紹介したい人がいますよ。昔はJALの国際線スチュワーデスでもあった彼女は今はご主人と娘さんと一緒に久留米に住んでおられますが、素敵な方ですよ。パリに8年ほど住んでいた経験もあり国際的な感覚をお持ちです。その影響かどうか知りませんが手書きの墨字は超素敵です。本人は凄く謙虚だからこうして私がPRしないといけんくらいな感じです。彼女の作品は石橋文化センターのお店で見ることが出来ます。お互いに時間作り頑張って彼女に会えるようにしますからいつでも久留米に来れれたときは連絡くださいね。
Posted by グーフィ at 2008年09月10日 16:15
「毎度です!」を気に入られたご様子のやひさん、コメント有難うございます。

「あまおう」は箱入りと箱なしの2つの設定があり、各酒販店様がお店の用途に合わせ発注されます。
(申し訳ございませんが箱入りは箱代込みの価格となります)

箱入りをご希望の際は、お近くの酒屋さんにご相談させて頂くか、箱入りを発注されている酒屋さんをご案内させて頂きますね。
あまおうの手書き箱は想いがたくさん詰まっとるくさ。
Posted by 若波酒造 at 2008年09月11日 04:00
グーフィさん、コメント有難うございます。

有り難きお言葉有難うございます。
テーマは洗練さではなく、九州の大地の恵み感です。
「ちっご展」にも、このパッケージでお届けしていますよ♪

国際的な感覚をお持ちの女性、機会あればぜひお会いしてみたいですね。刺激ある出逢いは大好きです。
石橋文化センターですか!石橋美術館の「雪舟展」に行こうと思ってますので、その際にでも覗いてみまっす♪
Posted by 若波酒造 at 2008年09月11日 04:06
毎度です、あまおうさん。 やひです。もう名前の福岡は省きました。 ところで、今日、家の近くにあるボンラパスに行きました。(ボンラパスは福岡市内に四店舗あるちょっと高級感のあるスーパーかな。品揃えがちょっと違いますね。)私は日頃の買物はもっと安い他のスーパーに行きよります。会社帰りにお金も持たず何となくのぞいたわけです。何気なく酒コーナーをのぞくと、なな、何とあまおうがこちらを見ています。こんな近くにあまおうが居たなんて・・・。さ、さらにビックリ!あまおうの隣に姉?妹? 身長265o、体重300ml同じだ。もしかして双子? 名前は「酒蔵梅酒」とある。 そんなの聞いてないよ。 奥が深い若波酒造だ・・・・。
Posted by やひです。 at 2008年09月11日 21:41
毎度です、や〜ひさん。

おや。お宅の近くにボンラパス様が☆
そうですか。そうですか。
あまおうの熱い視線を感じて頂けましたか。
振り向くとそこにはいつも「あまおう」が・・・
ちょっと怖いですね・・・

「身長265o、体重300ml」のフレーズ、
かなり気に入りました(笑)

そう。彼女の名前は「酒蔵梅酒」。
「あまおう」姉さんの一年後に誕生した妹分です。
色んな果実のお酒を飲み比べして頂けるギフトにもできるようにとの使命を受け、同じ荷姿で誕生しました。
「うめ・いちご」という2本入ギフトで度々登場したりします。
奥が深い(ありがとうございます)若波酒造では、今後もわくわくできるようなシスターズを誕生させていければと思います。
Posted by 若波酒造 at 2008年09月11日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: