2017年06月19日

MITAKI

IMG_8010.jpeg

韓国の皆さん、韓国に縁のある皆さんへ。
積極的に輸出は行えていませんが、
縁あって、お届けできるようになりました。
http://blog.naver.com/seraspia1/221023201980

ーーーーーーーー

●MITAKI
韓国釜山市海雲台区中洞1502-8 JSビル4F,5F
TEL:+82-51-731-2283
LUNCH:11:30-15:00 (L.O.14:00)
DINNER:17:30-22:00 (L.O.21:00)
BAR:17:30-23:30 (L.O.23:30)
http://www.mitakiso.com/pusan/ja/


posted by 若波酒造 at 11:15| Comment(2) | お世話になっております | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

【初夏におすすめ 青とんぼ】

じめじめ梅雨入りの季節となりました。
梅雨だって、趣深く過ごしたい。

そんな季節は「青とんぼ」、いかがでしょう。
すっきりとした、うすにごりの純米酒。
とくとくとく。
ひんやり冷やした青とんぼ。

蒸し暑い夜は、
冷やしたうすにごりが、ここち酔い。

17-06-14-20-22-39-046_deco.jpg



posted by 若波酒造 at 20:28| Comment(0) | 人気商品のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

若手の夜明け2017 @仙台

若波も遠き仙台へ!
東北の皆さま、お待ちしております!
(担当:今村嘉一郎)

2017仙台チラシ.jpg

★おどげでねぇ日本酒まつり★
★若手の夜明け2017 @仙台★

チケットはイープラスかファミマのFamiポートからお買い求めください。【チケットはこちらから】


posted by 若波酒造 at 19:14| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

28BY 慰労会


五月晴れの中、仕込みの片付けも無事に終わり…

17-05-26-22-34-56-415_deco.jpg


大量の”あまおう”との格闘も終え…

17-05-26-22-33-24-223_deco.jpg


遅ればせながらの皆造慰労会。

17-05-20-22-26-42-420_deco.jpg

造り中はキリリと厳しい顔も、造りが終わればこの笑顔。
んー。チーム若波。女子率高し。



posted by 若波酒造 at 14:33| Comment(0) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

SAKE TIME【福岡ランキング1位】

「1位おめでとうございます」
この週末、声を掛けられたり、メッセージが届いたり。

全国鑑評会にはここ数年、出品してないしなんだろう?と思っていると、どうやらこういうことらしいです。

【 https://www.saketime.jp/ranking/fukuoka/ 】

何とも有り難い。皆様の口コミ、全て目を通して参考にさせて頂きます。それが、次の仕込みに向けての準備スタートでもありますね。


posted by 若波酒造 at 09:43| Comment(0) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

より洗練された、大人の黒。

皆様にお詫びがございます…今年の黒とんぼ…

既に蔵出し完了しておりますm(__)m

シリーズの中でも人気の黒。
あれ?いつもの特約店様で見かけなかったよ?というそこのあなた。

もしかすると、今年の黒は、黒さがより黒で、黒であるがゆえに、黒くて、黒過ぎて、よく見えなかったのかもしれません。

そう。今年の黒とんぼはラベルが「真っ黒」。

皆様のおかげで自社印刷(去年までモノクロコピーしてました…)だったラベルを今年から印刷会社さんに頼めることになりました。そのままのデザインでもよかったのですが、より酒質をラベルで表現しようと、より”洗練された大人の黒”を表現しています。

今年は酒米・夢一献の味わいの幅がより広がるように一工夫。
その味幅は、まさしく”重厚な黒”。
しかし、若波らしい後味の軽さは”黒の潔さ”でもあります。

真っ黒で写真が撮れない。
インスタ映えしない。

そんなお声もちらほらありますが(笑)、私も撮影には難儀しますが(笑)、デザインが溢れるこんな時代だからこそ、敢えてのこんなラベルがあってもおもしろいかなーなんて思っております。

手にとって頂くと、きらりと浮かぶ蜻蛉の文字。
一口お呑みいただければ「なるほどね」。
そんな呑みてと造りての心のやり取りを願っています。

「ね?大人の黒でしょ?」
蜻蛉の文字がきらりと浮かんだら、
チーム若波が、そうウインクしていると思って下さいね。

あなたの角度から見た大人の黒。
上手く撮れたら、ぜひ蔵にお写真送って下さいね♪

Untitled2.jpg




posted by 若波酒造 at 12:10| Comment(2) | 人気商品のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

大川テラッツァ OPEN

FB_IMG_1492438182378.jpg

大川に新名所が誕生しました。
その名は「大川テラッツァ」。

鏡開きはもちろん「大海の愛 若波!」
大川市長は保育園からの同級生。
大川を盛り上げて行きますよー!

5月1日には「えつ」も解禁。
大川にお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

●オープニングイベントの様子はこちらから●
https://youtu.be/drWzXXmKdnk



posted by 若波酒造 at 23:18| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

若波のわ(和)!

大都会・六本木ヒルズのイベントから戻ると
待っていたのは…この風景☆
のどかだわぁ。

チーム若波。無事に甑倒しを迎えました。
蔵庭でささやかなお祝いを。

今年も丁寧に醸せました。
合言葉は、若波のわ(和)!

17880414_1433643410053632_4154030517230818205_o.jpg



posted by 若波酒造 at 17:36| Comment(2) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CRAFT SAKE WEEK in 六本木ヒルズ

2017.4.10
お逢いできました全ての人に感謝。
たくさんのお写真、ありがとうございました。

Untitled.jpg


posted by 若波酒造 at 17:36| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

第3回 筑後七国 酒 文化博

明日はお休み、何しよっかなー。
お天気悪いみたいだし、何しよっかなー。

そんなあなたへ。
半屋外(屋根あります)イベントのご案内です。

3sakebunkatirasiomote.jpg

3sakebunkatirasiura (1).jpg

menu (1).jpg

宗りんで湧く、筑後船小屋駅へお越し下さい。
http://www.kyushu-geibun.jp/main/2728.html



posted by 若波酒造 at 20:42| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

【わかなみ ももいろにごり 観察日記】

17-04-05-21-09-46-744_deco.jpg
これが(真っ白なお米が)、

17-04-05-21-09-04-665_deco.jpg
こうなり(表面から色づいていき)、

17-04-05-21-07-53-740_deco.jpg
こうなって(こんもり泡となり)、

17-04-03-18-39-42-271_deco.jpg
こうなると(全体が色付くと)、

5.桃色にごり.jpg
ついに完成なのである(美しい桃色のお酒となる)。



posted by 若波酒造 at 22:10| Comment(2) | 酒造りdiary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

九州酒蔵びらき2017

本日より始まりました!九州の酒蔵びらき2017!
博多駅前広場での開催ということもあり、平日にも関わらず既に凄い人出となっているようです。感謝。

会場に足を運んでくれた友人達からこんな画像と質問が。

17-03-31-19-33-20-998_deco.jpg

「若波の菰樽に書かれている副題。大海◯愛…
◯には何が入るの???」

ん?んー???
画像を拡大してみると、そこにはちょうど運送便屋さんのシールが☆

◯に入る答えは…
ぜひ!会場でご確認下さいませ(笑)

【九州酒蔵びらき2017】
3/31(金)▶4/2(日)
15:00〜22:00
JR博多駅前広場
http://www.jrhakatacity.com/201703sakagura/


posted by 若波酒造 at 20:07| Comment(8) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

CRAFT SAKE WEEK

FB_IMG_1490100459198.jpg

いよいよ始まりました!「CRAFT SAKE WEEK」。
2回目にして話題のこのイベントは、あの中田英寿さんが全面プロデュースする、日本酒の魅力を味わい尽くせるイベントです。

有名人がプロデュースするお祭りイベントでしょ!?

いやいや。中田さんは、実際に蔵をひとつひとつ丁寧に周り、日本酒を世界に誇るべく活動されています。

若波酒造にも実際にお越し頂き、隅々までじっくり見学、一本一本にテイスティングコメントを下さり、蔵の声を聞いて行って下さいましたよ。
その真摯で実直なお姿に、私はこのイベントに全力で参加し、盛り上げることに決めたのでーあります。

今年は、
●2017年3月21日〜3月26日
福岡県・JR博多駅前広場にて
●2017年4月7日〜4月16日
東京・六本木ヒルズアリーナにて
開催されます。

なーんーとー!
若波酒造は両イベント共にお声掛け頂いてますよ♪♪♪

―――――――――

●CRAFT SAKE WEEK in 博多

九州地方を代表する酒蔵を中心に6日間で10蔵ずつ計60蔵が出展。
若波酒造は26日(日)、山形県の「十四代」が率いる「チーム十四代の日」を担当させて頂きます。

開催期間:2017年3月21日(火)〜3月26日(日)
開催時間:12:00〜22:00
場 所:JR博多駅前広場 (福岡市博多区博多駅中央街1−1)
入場料:CRAFT SAKEスターターセット 3,000円(税込)
内訳:グラス+お酒・食事用250円コイン4枚分

―――――――――

●CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS

六本木会場の開催テーマは「桜」。
六本木会場のメインインスタレーションとして、1000本の桜を使って会場一面に広がる“桜の花畑”を造り、壮大なアート空間を創造します。

六本木では10日間で10蔵ずつ合計100蔵が登場。
4月14日の「九州男児の日」には、熊本地震からちょうど1年が経つ日とし、九州の酒蔵の応援も込めて、その地で名を馳せる酒蔵を集結。

若波酒造は4月10日(月)、10日間で唯一、女性蔵元が集結する「桜美人の日」(恐縮です…)に立たせて頂きます。

開催期間:2017年4月7日(金)〜4月16日(日)
開催時間:12:00〜21:00
場 所:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6丁目11−1)
入場料:CRAFT SAKEスターターセット 3,500円(税込)
内訳:グラス+お酒・食事用250円コイン6枚分

http://craftsakeweek.com

17-03-21-21-39-49-225_deco.jpg



posted by 若波酒造 at 20:18| Comment(2) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

ReTHINK〈お酒 Project お酒造るひと×お酒のむひと〉

tumblr_inline_omhazoCwxW1u7cbru_500.jpg

仕込み中ですが、久々の天神入りです。
とどろき酒店の渡社長×杜の蔵 森永さん×若波酒造。
もう楽しい予感しかしないのであります♪

『ReTHINK〈お酒Project お酒造るひと×お酒のむひと〉』

第一弾:福岡の日本酒
とどろき酒店×杜の蔵×若波酒造
定員50名!2017年3月24日(金)
http://rethinkfukuokaproject.com/post/158014836504/044


posted by 若波酒造 at 19:07| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

dancyu3月号〈愛のある日本酒がほしい〉

dancyuに載せて頂けるこの喜びを
どう伝えたらよいのかずっと考えていました。

すると、同期生の蔵元が実に的確な表現をしてくれていました。

「この日本酒特集は日本酒業界では、
 ネイチャーやサイエンスなどに論文が載るようなもの」

17-02-06-20-16-10-051_deco.jpg

◆dancyu3月号〈愛のある日本酒がほしい〉◆

全国の酒販店から推薦された124本を銘柄を伏せた状態で2日にわたって真剣試飲。料理人が飲み比べて選んだ19本!

その中に。「若波 純米酒」選んで頂いています。

17-02-06-20-15-57-778_deco.jpg

もう一度ご覧下さい。そう!青ラベルです!

ほのかなバナナ香が特徴の白ラベル「若波 純米吟醸」。
ここ数年、そのわかりやすさで少しずつ表に出る機会を与えて頂きました。

その影で、
何となく月のような存在だった青ラベル「若波 純米」。
実はここ数年、この青ラベルの魅力を伝えたいと、実に力を注いできました。実に愛を注いできました。

本日。その愛が伝わりました。

・美しいバランス。いい酒と直感。
・まさに”味の押し波 余韻の引き波”。
・金目鯛の煮付けでも合わせたら口福の波にさらわれてしまいそう。

そんな愛ある賛辞をいただいたら、
これまでの苦労が全て吹き飛んでしまうじゃない。

0.1%単位で吸水を変えた甲斐があるじゃない。
全ての麹を分析し続けた日々が報われるじゃない。
白熱し過ぎて、口論してしまったあの矢の言葉が、
全て愛に包まれてしまうじゃない。

これは、愛ある人でなければ創り上げることのできない一冊です。
集大成とも言える渾身の一冊。
料理人さんの、酒販店さんの、編集者さんの、そして蔵元の。
溢れ出す愛が、皆様にも必ず伝わることでしょう。


posted by 若波酒造 at 21:34| Comment(11) | ご紹介いただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする